ネジマキコンペ

2017年

4月

13日

ネジマキコンペ

この度、ツイッター内 「ネジマキコンペ」に参加していました。

内容は、惑星「ボルトピア」にあるネジマキ大陸を舞台に人種を選び、発明を行う。というもの。 

テーマは、宇宙服! ということで、まずは試作で、人種「ヒューマン」を選び、マジボーンをベースに改良してみました。サフ画像です。

塗装は、さくっとシンプルに!

こんな感じの試作からスタートしました。これは、コンペをする前に、こんな感じで作ってください!という見本でした。

それなりに、時間はかかったのと、結構お気に入りですが、こちらは試作なので、さらっと流します。

もう一体は、「マシンロイド」を製作。

同じく素体は、マジンボーン使用。このキットはほんと優秀だよ。

まずは、手や足はスクラッチで作製。 ボディー等もガッツリヒートペンで修正しております。

マシンロイドではあるが、翼有人のような様相に!

でも、これはボツ案となりました。

顔はレンズを使用。

内部にLEDを設置しております。

アイテムはハット!

実は、鳩を製作予定でしたが、期間に間に合わず、帽子のみとなってしまいました。

空を飛ぶ予定なのですが、翼ではなく、プロペラに変更。

エンジン的なものを背負う設定です。

まだ、8割程度の写真ですが、背負うとこんなイメージです。

0 コメント

2017年

4月

16日

ネジマキコンペ2

塗装中の画像がありません! 申し訳ない。。

今回は、金色ベース。100均のファイバーを使って、電飾をしてみました。電池パックは背部に背負っております。

この形態は、第一形態。設定では、ここから研究して、プロペラを自分に改造する。という過程で、現在はそこにネジマキがついております。

背面はこんな感じ。

可動をメインに製作しているので、いろんなところが動きます。

 

100均の箱を塗装して、土台を作りましたが、この写真にしか使いませんでした。。

電気をつけていないときの、ファイバーと 背面です。

ピンボケ。すみません!!

なかなかピンと合わなくって。。。 このエネルギーが流れているような、点々!が今回のポイントでした!

マシンロイド。

「なんじゃこりぁ~~!!!」っていう場面です。

 

ベースは、ジャンク品を解体して、内部に電飾を施し、雰囲気を出してみました。 今回のコンペではベースを計3つ作ったことになります(一つはボツ)

0 コメント

2017年

4月

19日

ネジマキコンペ3

ネジマキコンペ内容 第三段は、ベース作り。

3つ目に作った、メインとなるものです。

以前からドールハウスのような感じで家を作製したかったので、丁度この機会に!と思い、期間が短かったのですが、作り出しました。

コンセプトは、「部屋にこもって研究」。

まずは、本作り。

2センチ程度の本を作成。しっかりページもめくれます!

1冊づつ作り、計80冊程度作りました。

本の表紙は、パソコンで作成。

窓は、いつものプラバンの上にレジンを垂らして固める手法。

コンペで知り合った、絵師さんから、イラストをお借りして、フォトフレームを作成。

翼有人にあこがれている設定なので、翼のある子たちをお借りしました。

ベースは100均のスチールボードと、スタイロフォームを組み合わせてもの。

100均のは、しっかり下地を作っておかないと、塗料をはじくので、壁用パテを使用。

床は木材をカットしながら、ランダムに配置。

こんなのやったこと無いから、上手く行くかどうか、ハラハラしながら。。。

なんとか、敷き詰められました☆

ふぅ~結構この作業、しんどかったです。

当初は、壁上はギザギザした壁が剥がれた感がありましたが、廃墟みたいに見えてしまうので、すこし修正。

壁周囲と壁下に木製板を貼り付け! 

こっちを採用しました。

小物を作成し、壁には電飾を設置。この電気も100均であります☆ すこしずつ雰囲気がでてきました。

小物をいくつも配置することで、部屋らしさがUPしたかな??

机、椅子、ランプを作成し、壁には額を。

これで、ベースは完成です☆

0 コメント

2017年

4月

20日

ネジマキコンペ4

惑星の名はボルトピア。宇宙からさまざまな種族が集まる移民の惑星。最大の特徴は移民たちの職業がみな研究者であること、そして個性的な宇宙服を着ていること。

研究材料がふんだんにあるボルトピアは知的好奇心旺盛な研究者があつまりコミュニティーを形成しています。また酸素濃度や空気中に含まれる物質が移民先の惑星と異なるため外出時は宇宙服を着用、惑星にはその環境下で育った動植物が存在しています。

惑星の中心には渦を巻いたような形状の「ネジマキ大陸」そしてボルトピアの象徴である巨大な「ボルトタワー」が立っています。

 

研究者たちは大陸全土で活動し、主にボルトタワーの上に集中している「ラボ」で研究・開発・発表などを行なっています。

rotan製 サポート型マシンロイド 通称 ガスパール

 

主にセイヒンウムにて、科学サポートに長けており、従事する事が多い。

 

今日も、製品番号0658 は、生体エネルギーの研究サポートに従事していた。

「ガスパール!来てくれ!!」

 

「やっと、翼有人と同じ生体エネルギーを作り出すことができたんだ!見てくれ!!この青い光を!」

神秘的な青い光。。。 そして、博士から、それを試させてほしいと、切り出される。。 博士の苦労を知るガスパール。

 

断るということもなく、実験に参加する。

 

「す、すまないな、ガスパール。。きっと、うまくいくさ!お前は翼有人になるんだ!」

まもなくセイヒンウムエネルギー研究所にて、ガスパールに生体エネルギー注入実験が開始された。

 後の、機械生命体プロトタイプの誕生である。

ガスパールの背中から、疑似生体エネルギーの神秘的な光が湧き出てくるが、その頃から、ガスパールの眼光は赤色に変わってしまった。

 

「私は何? 鉄の翼? 翼有人なのに、なぜ空が飛べないの?」

疑似生体エネルギーの注入にて、翼有人の人格を持ってしまったガスパール。

 

しかし、飾りの鉄の翼で空がな飛べるわけでもなく。 苦悩する。。。

 

彼は、研究所を離れ、「飛び立ちの木」伝説のあるウッソウートで、翼の研究をするのであった。

この作品は、コンペで見事、模型部門、銅賞を頂きました(゚∇^*)

 

作製する時間が少なく、寝不足が続き、体調不良になることもありましたが、

結果 作りたかったドールハウス調のベースにも着工することが出来、非常に満足しております。

 

 

銅賞となった画像です☆

これにて、ネジマキコンペ報告 終了いたします!

2 コメント